MENU

妊婦

食べられるものを食べる

妊婦になると食生活が変わってきます。つわりで食べられない人は、食べられる時に食べるようにしましょう。また、急激な体重増加を気にして食べ控えることは良くありません。赤ちゃんに栄養が行き届かなくなってしまうからです。この点は気をつけましょう。

詳しく見る

栄養補助食品

妊活に役立つサプリ

マカは近年、妊娠を希望する夫婦に注目を集めています。気軽に摂取しやすいサプリメントが多く販売され、男女共に健康維持やホルモンバランスを取るものをして利用されています。豊富な栄養素なども魅力の一つです。

詳しく見る

女性

妊娠しやすい体作りに

早く子供が欲しいという人のために妊娠しやすい体作りの手助けをしてくれるのが妊活マカです。豊富に含まれるアミノ酸によってホルモンの分泌を促す作用が期待出来るのです。マカは日本ではサプリとして数多く出回っており、その中でも国産のマカは安全性が高く栄養も豊富であるために安心して摂取することが出来ます。

詳しく見る

婦人

治療費が気になる

三次市では、不妊治療費の助成事業を行っていて、不妊で悩んでいる人に優しい地域です。市内や近隣には不妊治療をしている病院もあり治療をしやすい環境です。助成事業を上手く利用して、不妊を改善してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

相談

幅広い治療が人気

大阪には、不妊治療に幅広く対応するクリニックがたくさん存在しており、妊娠を望む方から人気となっています。体外受精を積極的に行っているクリニックもあるので、いろいろな治療を受けても効果が出なかった方は相談してみましょう。

詳しく見る

妊娠を目指すための治療

レディ

治療内容とクリニック

一般的に、2年程度正常な夫婦生活を持っても妊娠しない場合、その夫婦は不妊であると定義されます。不妊を改善し妊娠を目指すための治療を、不妊治療と呼びます。不妊治療には、大きく分けて3つのステップがあります。まず一つ目がタイミング法と呼ばれるもので、医師が女性の妊娠しやすい日、つまり排卵日を見極めて、夫婦生活を取るタイミングを支持するという方法です。確実に排卵する日の前日や前々日などにタイミングを取ることで妊娠の確立を高めます。二つ目が人工授精です。人工授精は、女性の排卵日に合わせて、男性の精子をカテーテルを使って子宮内へ送り込むという方法です。タイミング法で妊娠しない夫婦、また男性側の精子の運動率が弱い場合などに用いられる治療です。三つ目が体外受精です。女性の卵子と男性の精子を、体外で受精させて育て、ある程度まで育ったら女性の体内へ戻すという治療方法です。不妊の原因が不明な場合や、人工授精で結果が得られなかった場合などに用いられる不妊治療です。このように、不妊治療はある程度のステップを踏んで進めていくことが一般的です。そして、大切なのはクリニック選びです。医師の方針と夫婦の方針を合致させることで、納得の行く不妊治療を行えます。また、例えば大阪で不妊治療を行う場合は、大阪駅前や大阪府中心などの大きな街にある病院を探すことがおすすめです。不妊治療を専門に謳っている病院では、技術も高い良い治療を受けられるからです。大阪に限らず、大都市では特にクリニック選びに注意しましょう。